« 20年前・・・ | トップページ | 徳島LEDアートフェスティバル2010 »

2010年4月27日 (火)

大塚国際美術館

先日、町田ひろこ先生の講演を聴きに行って来ました・・・というお話は昨日のブログに書きましたが、その会場となったのが、徳島県鳴門市にある『大塚国際美術館』のシスティーナホール。↓

874

たぶん、このブログをご覧の四国在住の方には説明不要なくらい有名な施設ですが、四国以外でご覧の方用にちょっとご説明を・・・。

『大塚国際美術館』は、大塚製薬創立75周年を記念して設立された施設なのですが、国際美術館と名前が付いている通り、世界の美術館にある有名な絵画を1000点以上展示してあるのです。

例えば、ゴッホだとか↓

864

マネだとか・・・。↓

859

凄いでしょ~?

でも、更に凄いのは、この名画達が全て本物の名画の原寸大の陶板で出来ていることなんです。

名画の色を忠実に再現(2万色?)して大型の美術陶板に焼き付けているので色褪せもしないそう。

しかも忠実なのは大きさや色だけでなく、絵の具の厚み(油絵の具で厚塗りしているものはその筆跡)までも再現しているんです。

要は、その名画の立体感まで忠実に。

私、たぶんお友達のお家にこういうのが飾られてあったら「○○ちゃん家って、お金持ちなんだぁ~heart04」って、絶対に陶板だと気付かないと思います。coldsweats01

大塚グループはこんな素晴らしい技術も持っていらっしゃるって、ホント凄いですね!!

・・・ちょっと説明が長くなりましたが、そのシスティーナホールはバチカンにある『システィーナ礼拝堂』にある、ミケランジェロの天井画と壁画を忠実に再現した物。

天井部には「天国」、壁画の右下部分には「地獄」が描かれているそう。

えっとぉ・・・私、一応デザイン科出身ですが『デザイン史(通称=D史』の授業中はほとんど眠っていた為(久米井先生、ごめんちゃい!)、名画のことはあまり記憶に残っていません。もし不適切な表現などがありましたら、どしどし間違いを指摘して下さいませ。

まぁとにかく、徳島県鳴門市にはこんな素晴らしい施設があります。

名画ファンの皆様、お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さいませ。

施設が素晴らしいだけに、入館料も素晴らしいけどね・・・。coldsweats02

【施設データ】

大塚国際美術館

住所:徳島県鳴門市鳴門町鳴門公園内

TEL:088-687-3737

■開館時間:9:30~17:00

■休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)

■入館料:小・中・高生 ¥520

       大学生    ¥2100

       一般      ¥3150

【Marimariメモ】

鳴門北インターからは車で約3分という立地条件も、迷子になりにくくて素敵。

言うまでもありませんが、名画にご興味の無い方にはオススメではありません。

館内をじっくりご覧になるには、1日がかりになると思われます。

お見合い後の初デートには、オススメかも???coldsweats01(←個人的見解です)

お手洗いの各個室や、洗面化粧台にある小さな陶板も必見!

866

867

|

« 20年前・・・ | トップページ | 徳島LEDアートフェスティバル2010 »

お店&施設紹介@その他」カテゴリの記事

コメント

また、おじゃまします(^_^)
「久米井先生」なんてこれまた懐かしいお名前!マナちゃんの個展の事やアトリエのブログで元剣道部員は、懐かしい〜って大変盛り上がってます。若き楽しかった時を思い起こさせてもらってありがとうございます。さて、大塚国際美術館ってすごい所なんですね(@_@)一度行ってみたいと思いつつ素晴らしい入館料にビビってしまい行けてません。
今度は勇気を出して行ってみようと思います。
で、甘味茶屋 SariSariのパフェ食べてみたいんですが、お店の駐車場って有りましたでしょうか?あの辺りって目の前がお寺ですよね。善通寺も授業で風景画か何か描くのによく行ってたな〜。

投稿: ちゅんたろ | 2010年4月28日 (水) 08時56分

ちゅんたろ先輩、いらっしゃいませ。
久米井先生、懐かしいですよね。
もう随分前に教師生活にはピリオドを打たれたらしいです。
「味噌汁ダイエットで、痩せたの!」って頃には、お電話で何度かお話させて頂いたりしたのですが・・・。
また、お会いしたいです。

そうそう、大塚国際美術館って凄い所ですよ!
確かに素晴らしい入館料にはビビリますが、一度は訪れてみることをオススメします。

善通寺のお大師さん辺り、私もよく絵を描きに行ったり、亀にエサをやりに(笑)行ったりしていましたよ~。
あの周辺も、お店がたくさんできていますよね。
Sarisariさんも、建物横に2~3台位は駐車スペースがあります。
おばぁちゃん家のようなカフェなので、是非行ってみて下さいね。happy02

投稿: Marimari | 2010年4月28日 (水) 12時21分

うちのだんなさん、
大塚製薬の息子さんと同級生だったんだって!!
遊びに行った友達が、死ぬほどボンカレーをもらったという逸話があるそうです。それにしても、すごい入館料・・・・
来年当たり、四国に遊びにいこう計画の中に、大塚美術館は入れることができるだろうか!!

投稿: ソフィー | 2010年4月29日 (木) 20時43分

ソフィー様、いらっしゃいませ。
わぁ、凄い!
ソフィーさんの旦那様と大塚製薬の息子さんは同級生だったんだぁ。
たぶん今の社長様ですよね?
死ぬほどボンカレー・・・、それも凄いなぁ。
来年、もしソフィーさんが『大塚国際美術館』へ来られるなら、私は近くの『ルネッサンスリゾート鳴門』でデザートバイキングcakeしながら待ってよっかなぁ。delicious

投稿: Marimari | 2010年4月30日 (金) 15時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213188/48197709

この記事へのトラックバック一覧です: 大塚国際美術館:

» 鳴門の話題 [のほほんままのぼんやり日記]
鳴門はとっても素敵なところ。 [続きを読む]

受信: 2010年5月 5日 (水) 06時24分

« 20年前・・・ | トップページ | 徳島LEDアートフェスティバル2010 »