« 『デザイナーズフリーマーケットvol.2』報告! | トップページ | oyatsuさんの焼き菓子 »

2009年9月29日 (火)

茶室 渡邊邸

先日お知らせしていた『和今感彩』が行なわれた、茶室 渡邊邸に行って来ました。↓

1363

どの作家さんの作品もとても素敵だったけれど、特にうちの家族が大喜びだったのが『妖怪絵描鬼』の『柳生忠平(ヤギュウチュウベイ)』さんの作品。

お庭のあちこちや建物の中にもたくさん妖怪絵が飾られていましたよ。

ちょっとだけ紹介しちゃいましょう~♪

まずは、左官さんが使うコテの妖怪絵。↓

1353

そして、南京錠の妖怪絵。↓

1358

更に・・・これは、筆の妖怪絵か???

1351

ちょっと不気味なんだけど、なんか可愛い妖怪さん達ですね。

この絵描鬼さんは、小豆島の方らしい。

結構有名な和菓子屋さんのパッケージなんかも手掛けているとのこと。

香川県にも実力を認められている作家さんがいらっしゃるって、凄いですね!!

あ!ここでひとつお知らせがあります。

2009年10月17日(土)にサンポートホール高松で行なわれる、建築家 西沢立衛氏の講演会は、お申し込み者が本日募集定員の150名に達しましたので、早々にお申し込みを締め切りました。

たくさんのご応募、ありがとうございました!!

|

« 『デザイナーズフリーマーケットvol.2』報告! | トップページ | oyatsuさんの焼き菓子 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

妖怪の絵・・・・
わたし、けっこう好きなんですよね~
小さい頃見た、水木しげるさんの妖怪の絵・・・怖くて、よくトイレに行くのがこわくなるってわかってるのに、見たいんですよね~~
日本人は、着物にでも、おけやはさみなど、道具を妖怪にしていましたよね・・・ものに魂が宿っていると考えていたのでしょう。

投稿: ソフィー | 2009年9月30日 (水) 21時17分

ソフィー様、いらっしゃいませ。
おぉ?!
ソフィー様は、妖怪絵がお好きなんですね?
私も子供の頃、図書室で見た妖怪図鑑?が目に焼き付いてトイレに一人で行けなくなった記憶があります。
でも、この妖怪さん達はちょっと可愛かったですよ!

物に魂が宿っていると教えることって、今の世の中には大切なことかも知れませんよね。

投稿: Marimari | 2009年10月 2日 (金) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213188/46347365

この記事へのトラックバック一覧です: 茶室 渡邊邸:

« 『デザイナーズフリーマーケットvol.2』報告! | トップページ | oyatsuさんの焼き菓子 »