« 本日のおやつ | トップページ | 2009 フルーツコーン、キターー! »

2009年6月 7日 (日)

『老いの一喝』

最近読んでいる本、先々月に亡くなられた上坂冬子先生のエッセイ集『老いの一喝』。

Photo

この本は、雑誌『正論』に連載されていたものや産経新聞に連載されていたものを集約したものだそうです。

上坂先生が亡くなる直前に書かれた遺稿、2009年4月20日に産経新聞に掲載された『枝葉末節な禁煙の理由』も収録されています。(これも、かなり「うん、うん」と頷ける内容でした。)

上坂先生は数年前から癌と闘って、2009年4月14日に78歳で亡くなられたということですが、その病床でも数々の原稿を書かれていて、しかもご自分のぶれない考えがしっかり文章の中に表れています。

それも、とても癌というご病気と闘っている病人が執筆しているとは思えないほど、かなり強気な文章。

戦争関係のお話は、私にとってはちょっと難しいのですが『資産家の子は悪人なのか』とか『百年に一度がどうした』とか『顔を見せない卑劣』などは「なるほど~、そういう考え方もあるのか~。」と考えさせられました。

実はこの本を発刊されるにあたって、あるご縁で私が撮った写真を使って頂いた部分があるのです。

本の最後のページには、しっかり我が『Branch Office(ブランチオフィス)』と私の名前も表示されています。↓

1047

上坂先生と私の名前が並んで掲載されるなんて・・・ありえない光景です。

この本は、うちの家宝にしたいと思います。

この件で大変お世話になりました産経新聞出版のIDA Editor様、本当に色々とありがとうございました。

改めまして、上坂先生のご冥福と書籍が多数売上されますことをお祈り申し上げます。

【書籍データ】

産経新聞出版 上坂冬子の老いの一喝 ¥1300+税

※お陰様で増刷が間に合わない位売れているそうです。NHKの番組でも紹介されました。さすがです!おめでとうございま~す!!

|

« 本日のおやつ | トップページ | 2009 フルーツコーン、キターー! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

marimariさん、すごいです!

昨日、イオンにてmarimariさんのブログにのってた
抹茶のなんかしゃん食べようかと思いましたが
やはり、時間がなくメニューの写真の前で
今度、行った時に食べるものを決めて帰ってきました。

やばい、また、あずき缶開けそう・・・。

投稿: カシボニ子 | 2009年6月 8日 (月) 11時33分

カシボニ子様、いらっしゃいませ。
いえいえ、私が凄いんじゃなくて・・・私の写真を使おうとして下さる方が凄いんだと思います。coldsweats01

イオンの抹茶のなんかしゃんは、凄く美味しいよ~!
因みに今度行った時は、何を食べるん?

あずき缶開けた時に連絡をくれたら、バニラアイスでも買って行こうかしゃん。delicious

投稿: Marimari | 2009年6月 8日 (月) 22時02分

かっこいい!!
きっと丁寧で気持ちのこもったお仕事だからこそ!!だって、Marimariさんの写真、どうやったら、きれいにとれるかな、とか素敵に撮れるかなって一生懸命にとにかく丁寧に撮ろうとしている感じが、するのです。わたし、すごくなんだかすごくうれしいな~うまく気持ちが表現できずすいません。興奮しています。

投稿: ソフィー | 2009年6月 8日 (月) 22時10分

ソフィー様、いらっしゃいませ。
ご自分のことのように喜んで下さって、ありがとうございます。
今日は、携帯のメールに同じような内容がたくさん送られて来ました。

本に私の名前が載った事もかなり嬉しいことですが、自分の事のように喜んでくれる人が周りにたくさん居るって事は、更に嬉しいことですね。
私って本当に幸せ者だわ~。crying

投稿: Marimari | 2009年6月 8日 (月) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213188/45262375

この記事へのトラックバック一覧です: 『老いの一喝』:

« 本日のおやつ | トップページ | 2009 フルーツコーン、キターー! »