« 本島ネタ⑤ | トップページ | 本島ネタ⑦ »

2008年8月 5日 (火)

本島ネタ⑥

生ノ浜にある『夫婦倉』は、丸亀市の指定文化財のひとつ。↓

090

江戸時代末期に薪廻船業用の土蔵として建てられた、木造本瓦葺の二連式の倉。

内部は別棟の2階建てらしいのですが、二連式の土蔵は珍しいとのこと。

091

外壁は漆喰塗り、腰の部分は立派ななまこ壁です。

092

漆喰が青空に映えて、美しいよね。

|

« 本島ネタ⑤ | トップページ | 本島ネタ⑦ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こういった感じの歴史のある建物は北海道にはあまりありません。漆喰の壁、かわらの屋根・・・日本らしい建物ですよね。こちらでは蔵は石造りが多いです。質屋さんなどは石造りの蔵がよくありました。小さい頃、『質屋』を「もちや」と読んでいて、お蔵を見るとなぜかその中にたくさんのおもちが入っているような気がしていました。今でも質屋をみると「もち」が思い浮かぶ私ですbleahこの写真の土蔵にも、おもちがいっぱい入っているように思えます。happy01

投稿: ソフィー | 2008年8月 6日 (水) 20時38分

父ちゃんが移築した

投稿: ぽ | 2008年8月 7日 (木) 01時09分

ソフィー様、いらっしゃいませ。
北海道って・・・そうなんですか?
蔵は石造りなんですね。
私は、こんな蔵しか見たことがありません。
日本の中でも、北と南では違うんですね。
この蔵にも、たくさんお餅が入っていたら楽しいでしょうね。
そんな蔵、どこかに無いかな~?delicious

投稿: Marimari | 2008年8月 9日 (土) 20時54分

ぽ様、いらっしゃいませ。
いつもながら、父ちゃんはエライね~。scissors

投稿: Marimari | 2008年8月 9日 (土) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213188/42071954

この記事へのトラックバック一覧です: 本島ネタ⑥:

« 本島ネタ⑤ | トップページ | 本島ネタ⑦ »